風俗店のことは俺に聞け

思わず驚いたソープの立地

暇な時にふと風俗のポータルサイトを見ることはあるんです。遊ぶ前となればその日遊ぶ風俗を探すので、かなり真剣に探しますけど暇なときは好奇心と言うか、どんな風俗があるんだろうという気持ちでいろいろと探るんです。そこで見つけたのがとあるソープ店。そのソープ店の周辺にはいくつかソープがあって、ちょっとしたソープ街が形成されているのが分かりましたが、地図を見て驚きました。会社から割と近いんですよ。駅までの道とちょっとずれるルートだったので今まで気づかなかったんですね。さすがに会社の同僚と風俗の話なんてしないですし(苦笑)まさか会社からほど近い場所にここまでソープが密集している場所があるのかって思ったので、とりあえず次の日、遊ぼうってことじゃなく興味本位でソープ街まで行ったら、雰囲気の呑まれて一発楽しんじゃいました(笑)これはもう男としては仕方ないことなんじゃないのかなって思いますし、楽しかったので良しとしましょう。

なぜなら、徹底しているからです

毎回のように風俗が楽しいのは、自分自身でも徹底していることがあるからです。それは、中途半端な気持ちで楽しむのではなくて、自分自身、納得して楽しみたいって気持ちがあるんですよ。だから「何となく楽しんでいる」ではなく、自分が納得した女の子との時間を楽しみたいって気持ちが強いんです。この気持ちがあるので、妥協だったり消去法で風俗を楽しむのではなくて、風俗じゃなきゃダメだろうって気持ちになって楽しむようにしているんですよ。その気持ちを持てるからこそ、毎回楽しませてもらえているんじゃないかなって。女の子もこっちの気持ちを敏感に察するじゃないですか。だからこっちが前向きだったり、「絶対に楽しみたい」って気持ちを持っていると察してくれますよね。何でもそうだと思うんですけど、自分から楽しもうって気持ちを持っているとそれだけで楽しく思えるものです。だから風俗では「楽しむ気持ち」を徹底するようにしているんです。