風俗店のことは俺に聞け

風俗こそ。そんな気持ちです

風俗こそ自分の中では一番。そんな気持ちがあるのはやっぱりそれだけ楽しませてもらっているからと言うのはありますよね(笑)これまで風俗でどれだけ良い思いをしたのかってことを考えたら、風俗は本当にありがたいな…という気持ちになるのもある意味では当たり前というか、むしろ感謝してもしきれません。とにかくいろんなシチュエーションでお世話になりました。性的な意味でムラムラしているときや欲求不満の時、そしてどこか人恋しい時や寂しい時。また、そういった理由があるわけではなく、特に何も理由はないものの適当に遊びたいとか暇だとか、それこそ退屈しのぎで遊んだこともあります。どのようなシチュエーションであれ、風俗はいつも男を歓迎してくれるのが特徴なんじゃないですかね(笑)それだけに、風俗で遊ぶのは自由だし、どのようなシチュエーションであれとにかく楽しいきもちにさせてくれるので特別な存在感であると共に、感謝の気持ちも大きいんです。

ホームページで光っていた人妻

ホームページを何となく見ていたら光っている人妻風俗嬢を発見したんですよ(笑)それは画像加工されているという意味じゃなく、自分にとって好み過ぎるので輝いているというか、存在そのものが光っているかのようにこちらに対してアピールしてくるというか(笑)まぁ自分が勝手にそう思ったってだけではあるんですけど、でもやっぱり気になるというか、是非とも遊んでみたいなと思った人妻風俗嬢だったのは間違いないんです。外見はまだまだ若々しい雰囲気でしたし、さらにはそこからいろんな気持ちも芽生えたんです。こんな若い人妻相手であれば燃えるしかないだろうと(笑)ホームページを見ただけでここまでそそられているんです。きっと実物はもっとそそられるだろうって思っていたらその通りになりました。実物の彼女もまた、相当な美人。これはもう大当たりだろうってことで自分自身、納得のいく時間を心から送ることが出来たんじゃないのかなって思いましたね。